Bookclub
レビュー覧

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

著者:仙塲 大也
技術評論社(2022年04月30日頃)
ISBN:9784297127831
本書は、より成長させやすいコードの書き方と設計を学ぶ入門書です。システム開発では、ソフトウェアの変更が難しくなる事態が頻発します。コードの可読性が低く調査に時間がかかる、コードの影響範囲が不明で変更すると動かなくなる、新機能を追加したいがどこに実装すればいいかわからない…。変更しづら...
本書は、より成長させやすいコードの書き方と設計を学ぶ入門書です。システム開発では、ソフトウェアの変更が難しくなる事態が頻発します。コードの可読性が低く調査に時間がかかる、コードの影響範囲が不明で変更すると動かなくなる、新機能を追加したいがどこに実装すればいいかわからない…。変更しづら...
2022/07/22 10:04
しろくまさん

プログラムコードについての本というよりかは、この著者が開発を通して、 まとめた設計思想が書かれているという印象です。

プログラムはJavaベースで書かれていますが、 オブジェクト指向の開発に関わるものであれば、応用がきくと思います。

こういうプログラムを書いていると、保守したときにバグを生み出しやすいとか ソースコードの保守容易性を向上させるための本だと思います。 ...